So-net無料ブログ作成
検索選択

hide ラフさ [日々の生活]


今日のお昼にとった写真

オランダの水辺には、柵はない。
だから、歩いていてすこぶる気持がよい。
水辺をすごく近くに感じ、開放感に満ち溢れている。

車止めもコンクリートの板がラフに埋め込まれているだけ。
いきよいよくバックした日には川にドボン。
酔っ払ってふらふらあるいていたら、うっかりドボン。 
そんなこともあるはず。
でもオランダ人はそ言う事は気にしないみたいですね。
僕はこのラフさが好きです。

日本で柵なしの川辺を実現するのは、厳しいだろうけれど
「ラフさ」考え直す必要はあるのかもしれない。
一生懸命、線を引けば引くほど、多ければ多いほどへんな場所が出来てしまう。
そんながんばりやの日本人がつくった風景には、異常なものがいくつもある。

さきほど、不思議そうに新聞をみている友人に声を掛けた。
彼が見ていた記事は、日本の女性専用電車について書かれていたものだった。
これもいつしか、日本の生活の一つになるのだろう。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。